幼児の使用する日本語オノマトペの音韻分析  [in Japanese] Phonetic Analysis of Onomatopoeia Used by Children  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

幼児の使用するオノマトペについて一週間の残置調査を実施した。回収率は,50.9%であり,163人であった。また収集したオノマトペは,1.375個であった。結果は,各発達段階(2歳6ヵ月から6ヵ月刻みに8区分(A~H))の出現音韻を分析したが,だいたい同じような傾向であった。なお,本研究報告は,荒い分析に留めているが,この発展は,参考文献にあるような報告をも行なっている。

Journal

  • Studies in childhood education

    Studies in childhood education 24, 1-6, 2005-03-01

    神戸親和女子大学児童教育学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006159170
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11681787
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13420305
  • NDL Article ID
    7749955
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-1865
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top