同時的な日英対話翻訳のための日本語発話文の分割 Japanese Sentence Segmentation for Simultaneous Japanese-English Spoken Dialogue Translation

この論文をさがす

著者

抄録

計算機による同時翻訳を実現するために,原言語の発話を文よりも短い単位に分割し.その単位ごとに翻訳する方法が考えられる.本論文では,同時的な日英対話翻訳を実現するための適切な翻訳単位について検討する.まず,日英同時通訳コーパスの日本語対話文を,独立かつ即時的に訳出可能な単位(同時翻訳単位)に人手で分割し,その単位境界の特徴を分析する.また,節境界,節境界の種類,発話単位境界,及び,境界前後の形態素情報の特徴に基づて作成した同時翻訳単位境界を判定するルールについて述べる.さらに,日本語対話文を同時翻訳単位境界に分割する実験について報告する.

To realize a simultanous translation system, the system needs to segment a source utterance into the units which are shorter than the sentence and can be translated incrementally. In this paper, we discuss and propose a suitable translation unit for Japanese-English dialogue machine translation. At first, we segment Japanese utterances in a Japanese-English simultanous interpretation corpus into the units by human and analyze the boundary of their units. Also, we propose the rules for segmenting translation units based on the analysis of translation unit and report our experiment using their rules.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 106(443), 161-166, 2006-12-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006163048
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8609112
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ