ソースコードのバージョン間比較による情報抽出とソースコード再利用への応用  [in Japanese] Information extraction by comparing different source code and its application for reuse source code  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年のソフトウェア開発のますますの大規模化,複雑化に伴い,過去に開発されたソースコードを再利用するための技術が求められるようになってきている.このための手法の1つとしてソースコード検索技術が提案されているが,ソースコードはその特性上単純な全文検索では有益な検索結果を得ることができず,なんらかの情報を検索の手助けとして利用する必要がある.本論文ではソースコードのバージョン間比較を行い,識別子の抽出,分類等を行うことで,プログラム開発効率の向上やソースコード検索システムの実現に向け利用できる情報を得ることができるのではないかと考え,情報抽出等を行うための手法を提案する.そしてこの手法をもとに実際に単一プロジェクトにおける複数バージョンのソースコードに対し実験を行い,情報が得られる可能性について検討する.また将来的な展望として,抽出した個々の識別子について得られる各種情報の解析を行うことを考え,そのための手法について考察する.そして,セマンティックWebの技術であるオントロジを用いて分類,傾向を見ることで,さらなる情報を得るための手法の提案を行う.

In recent years, reusing source codes are required in software development. However, it is not fully in software search searching simply. So it is necessary to prepare especial information to provide useful system. This paper shows a new suggestion for better program developing or source code searching system by comparing different source codes and extracting information. And it also shows much further suggestion involved ontology. Then, we provide efficacy of our suggestion by presenting experimental result to source codes.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 106(427), 7-11, 2006-12-08

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006163174
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013287
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    8602481
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top