運転停止エスカレータに乗込む際の潜在的運動制御 : 違和感の原因を探る  [in Japanese] Subconscious motor control when stepping in stopped escalator  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

停止しているエスカレータに乗り込む際に違和感を持つことは多くの人々が経験する現象の1つである.従来は,停止していると認識しているにも関わらず,「動いているエスカレータ用」の運動プログラムが乗り込む前から働き,予測と実際の感覚フィードバックの不一致のため違和感が生じると説明されてきた.また,最初の段差が他に比べて低いといった構造的な不均一性によって違和感が生じるのではないかとも考えられた.本研究では,稼働中のエスカレータ,停止中のエスカレータ,段差の構造をエスカレータに似せた木製階段への運動における運動学的特性を比較検討した.その結果,停止エスカレータに乗り込むまでは,「止まっているエスカレータ」として適切に認識し運動していることが示された.そして,停止エスカレータに乗込んだ後に,身体が前の方に急激に傾く振る舞いが観察された.これは,木製階段では見られず,停止しているエスカレータ固有のものであった.このことから,停止しているエスカレータに乗り込んでから,「動いているエスカレータ用」の運動プログラムが潜在的に駆動されている可能性が示された.また,違和感については停止しているエスカレータ,木製階段への運動における内観評定を行った.内観評定については,木製階段においてはほとんど違和感が生じなかったのに対し,停止しているエスカレータでは乗り込み後,違和感と相関する行動指標が同定された.違和感は構造的不均一性により引き起こされるものではないことが示された.

When we step in stopped escalator, we strongly feel odd sensation called "IWAKAN" in Japanese. Previous study argued that one could not suppress the motor program for "moving escalator" regardless of full awareness of escalator condition (i.e. escalator is stopped) and that the discrepancy between predicted and actual sensory feedback triggered an odd sensation. Furthermore, some could argue that structural nonuniformity of stopped escalator (i.e. the first step is shorter than other steps) caused clumsiness, and this clumsiness induced IWAKAN. We examined these possibilities by comparing the performance to stopped escalator with those to moving escalator and to the wooden stairs which duplicated the structure of stopped escalator. Our results did not support these possibilities. Specifically we correctly recognized the state of the escalator and adequately performed our action before stepping in stopped escalator. Once stepped in stopped escalator, drastic posture forward sway was observed. This sway was not observed in the performance to wooden stairs. These results suggested a new possibility which implied the motor program for moving escalator subconsciously emerge only after we stepped in stopped escalator. We also analyzed the participants' report of IWAKAN after stepping stopped escalator and wooden stairs. Participants felt no IWAKAN after stepped in wooden stairs. On the contrary, when stepped in stopped escalator, they felt IWAKAN, and we identified the kinematic index correlated with participants' report of IWAKAN.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 106(407), 37-42, 2006-11-28

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  5

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006163679
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10091178
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    8602650
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top