京都府沖合におけるカレイ漁に使用する駆け廻し式底曳網の選別網によるズワイガニの混獲防除 Bycatch exclusion of snow crab using separator panel in seine net for flounder fishery off Kyoto prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

京都府沖合海域において,駆け廻し式底曳網に仕切網と選別網(目合 600 mm)を取り付け,ズワイガニを網外に排出し,カレイ類を漁獲するための漁具の開発を行った。漁獲物とズワイガニの分離は選別網で行い,効率的な分離を行うためには,底網から選別網までの高さを維持することが重要であった。本漁具を用いた試験操業では,ズワイガニの 74~98% を網外に排出し,アカガレイの 67~88%,ヒレグロの 57~70% を漁獲することができた。本網は甲幅 100 mm 以下のズワイガニの分離に対して有効であった。<br>

  A seine net with sorting panel and separator panel (mesh size: 600 mm) off Kyoto Prefecture was newly designed to retain flathead flounder <i>Hippoglossoides dubius</i> and Korean flounder <i>Glyptocephalus stelleri</i>, and to release snow crab <i>Chionoecetes opilio</i> during towing. The separator panel was used to exclude snow crab from the catch, where the height of the panel should be kept high for good performance. The proportion of snow crab released out of the net was 74-98%, while catches of flathead flounder and Korean flounder were 67-88% and 57-70%, respectively. The panel allows snow crabs of carapace width smaller than 100 mm to be excluded from the net, and therefore is useful for the conservation of snow crab resources.<br>

収録刊行物

  • 日本水産学会誌

    日本水産学会誌 73(1), 8-17, 2007-01-15

    日本水産學會

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006163730
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00193422
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00215392
  • NDL 記事登録ID
    8669093
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-345
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ