細胞シート工学を用いた組織再構築および再生医療への応用 Tissue reconstruction using cell sheet engineering and its application to regenerative medicine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 原口 裕次 HARAGUCHI Yuji
    • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 Institute of Advanced Biomedical Engineering and Science, Tokyo Women's Medical University
    • 清水 達也 SHIMIZU Tatsuya
    • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 Institute of Advanced Biomedical Engineering and Science, Tokyo Women's Medical University
    • 大和 雅之 YAMATO Masayuki
    • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 Institute of Advanced Biomedical Engineering and Science, Tokyo Women's Medical University
    • 菊池 明彦 KIKUCHI Akihiko
    • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 Institute of Advanced Biomedical Engineering and Science, Tokyo Women's Medical University
    • 岡野 光夫 OKANO Teruo
    • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 Institute of Advanced Biomedical Engineering and Science, Tokyo Women's Medical University

抄録

最近,欠損または機能不全に陥った組織・臓器に対する新たな治療法として細胞を用いた再生医療が注目され,すでにいくつかの治療法が臨床応用されている.また歯学分野においても幹細胞を用いた細胞移植により歯周組織の再生を目指した研究などが行われている.再生医療には細胞を注射針で不全部に注入する細胞移植療法と細胞から組織を再構築した後,移植する組織工学(Tissue engineering)的手法がある.後者は生命医科学分野だけでは実現が困難であった研究領域であり理工学的な技術との連携により急速に進歩しつつある.当研究所では,独自に開発したユニークな組織工学的手法「細胞シート工学(Cell sheet engineering)」を用い,種々の組織の再構築および再生医療への応用を目指し研究を行っており,一部の組織においてはすでに臨床応用もされ画期的な治療効果を得ている.

Recently, regenerative medicine is considered one of the most promising treatments for defective or damaged tissues. Cell-based therapies have been clinically performed for some tissues. And more recently, advanced therapies have shifted towards tissue engineering using biodegradable scaffolds. Cooperation between life science and engineering has led to rapid progress in tissue engineering. On the other hand, we have developed novel technology "cell sheet engineering", which can avoid the limitations of single cell suspension injection or tissue reconstruction using biodegradable scaffolds. We aim to reconstruct various tissues using cell sheet engineering and apply the technology to regenerative medicine. Clinical trials have been performed for some tissues and significant improvement can be observed.

収録刊行物

  • 日本再生歯科医学会誌

    日本再生歯科医学会誌 2(2), 83-92, 2004-12-30

    日本再生歯科医学会

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006164101
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11908736
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    13489615
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ