療育・保育の現場でのヒューマン=ロボット=インタラクション Child-Robot Interaction in Therapeutic and Pedagogical Fields

この論文をさがす

著者

    • 小嶋 秀樹 KOZIMA Hideki
    • 独立行政法人 情報通信研究機構知識創成コミュニケーション研究センター Knowledge Creating Communication Research Center National Institute of Information and Communications Technology
    • 仲川 こころ NAKAGAWA Cocoro
    • 独立行政法人 情報通信研究機構知識創成コミュニケーション研究センター Knowledge Creating Communication Research Center National Institute of Information and Communications Technology

抄録

発達障害児の療育施設および主に定型発達児の通う保育園で,3歳前後の子どもたちとコミュニケーション=ロボットKeeponとのインタラクションを長期縦断的に観察している.実験者により遠隔操作されたロボットは,そのシンプルな身体をとおして子どもと行為をやりとりする.子どもたちは安心感と好奇心をもってロボットとの2項的なやりとりを実践しながら,そこで感じた楽しさや驚きを他者(大人・友だち)に伝達・共有しようとする3項的なやりとりへとインタラクションを展開していく.その様子をインタラクションの主体であるロボットのパースペクティブから記録・分析し,そのデータを療育士・保育士・保護者などと共有することで,個々の子どもの発達をより深く理解しようとする活動を進めている.

Keepon is a simple creature-like robot, which is capable of embodied interaction with children. After testing its communicative functionality in experimental settings, we proceeded to longitudinal field observations of a group of children with developmental disorders and a group of typically-developing preschool children interacting with Keepon. The children changed their ontological understanding of the robot, and so their ways of interactions, as the interaction unfolded. The children, including those with autism, spontaneously engaged not only in dyadic interaction with the robot, but also in triadic interaction among children and carers, where the robot functioned as a pivot of the interpersonal communication.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 106(412), 25-30, 2006-12-06

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006164945
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8602439
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ