大学におけるイタリア語教育の現状と第二外国語学習の意義について The present situation of Italian language teaching in Japanese universities and the meaning of a second foreign language study

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本におけるイタリア語学習者の数は、1990年頃から急増したと思われる。本稿ではまず、文科省等の資料とイタリア語担当教員に対するアンケート調査の結果に基づいて日本の大学におけるイタリア語教育の現状を把握する。ごく大雑把に見て、現在おおよそ100の大学でイタリア語教育が行なわれ、全国で1万人を超える学生がイタリア語を学習しているものと推定される。次いで、イタリア語も含めて大学における第二外国語教育一般の意義と目的を明らかにする。何よりも重要なのは、外国語学習を異文化体験の機会と捉え、世界の文化や言語の多様性を学生に理解させることである。そのためには、文法・訳読中心の旧来の方法から「聞く」「話す」に重きを置いた教育法へと転換を図る必要がある。最後に、実際の外国語の授業運営についていくつかの提案をする。具体的なテーマとしては、目標設定とシラバス、教授法の問題、外国語学習と異文化理解、言語についての理解、海外語学研修と大学の授業、新しいイタリア語教材の開発、などを取り上げる。

The number of those who study Italian language in Japan seems to have increased conspicuously since the early 1990s. The first part of this paper tries to outline the present situation of Italian language teaching in Japanese universities, based on the official data of the Ministry of Education and the result of inquiry to Italian language teachers. Roughly speaking, we can estimate that Italian is taught in about 100 universities and learned by more than 10,000 students in Japan. The second part of the paper will clarify the meaning and the purpose of a second foreign language study in the university. The conclusion is that it is essential to give students a cross-cultural experience through language education, so that it can help them to understand the diversity of culture and language in the world. Therefore, the teaching method should put more stress on the aspects of listening and speaking, rather than grammar and translation. Lastly, some suggestions are given for classroom teaching on several important topics of language education, such as study goal and syllabus, teaching method, language study and cross-cultural understanding, basic knowledge of linguistics, language courses abroad and the university classes, textbooks of Italian language available in Japan.

収録刊行物

  • 静岡文化芸術大学研究紀要

    静岡文化芸術大学研究紀要 6, 1-9, 2005

    静岡文化芸術大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006177734
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11576760
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13464744
  • NDL 記事登録ID
    8019569
  • NDL 雑誌分類
    ZK1(芸術)
  • NDL 請求記号
    Z71-F770
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ