情報メディアを用いた授業改善の試み(第2報)e-ラーニングによる情報に関する授業の試行と受講者の意識について  [in Japanese] Trial Study on an Improvement of Lessons by Using Information Media (2)  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

授業での学習情報の授受や情報交流の改善を目的としてe-ラーニングによる授業を試行した。本試行では,情報教育や情報技術演習,情報処理基礎などの情報に関連した授業についてe-ラーニングのLMSのーつであるMoodle上に授業用コンテンツを作成した。教員はそれらのコンテンツを用いた授業を行うとともに,受講者は授業中や授業の前・後に教室や自宅などでコンテンツを使用した。前期の授業終了時に受講者を対象とした意識調査を実施した。本報告では,実施した意識調査の結果から,試行したe-ラーニングによる授業を受講者の立場から明らかにし,授業の改善について考察した。

Journal

  • Bulletin of the Integrated Research Center for Educational Practice, Utsunomiya University

    Bulletin of the Integrated Research Center for Educational Practice, Utsunomiya University (29), 73-82, 2006-07-01

    Utsunomiya University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006183814
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11485632
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13452495
  • NDL Article ID
    8655975
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-1214
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top