リファレンスモニタの多重化法の提案  [in Japanese] A proposal for the method of nested reference monitor  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

リファレンスモニタを利用したシステムにはサンドボックスやIDSがある.サンドボックスやIDSは組み合わせて用いられることがあるが,一般的に用いられているリファレンスモニタは多重化可能なようには設計されていない.これは,リファレンスモニタが利用しているプロセス監視用システムコールの設計による制限である.本研究ではプロセス監視用システムコールの動作をエミュレーションすることにより,リファレンスモニタを用いた防御用システムの多重化を実現する方法について述べる.

The system that use reference monitor is sandboxes and IDSs. Although the combination of sandboxes and IDSs might be used, the reference monitor that is used generally is not designed for nesting. This is a limitation in the system call for the process monitoring that the reference monitor uses. The method proposed in this paper emulates system call for process monitoring and enables nested defense systems using reference monitor.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 104, 49-56, 2007-01-30

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006203225
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10444176
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    8642377
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top