人工エージェントとのインタラクションを援用した物体認識システム  [in Japanese] Collaborative Object Recognition through Interactions with an Artificial Agent  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,作業や生活をさりげなく支援するメディアを実現するために,ロボットなどの人工エージェントを画像認識システムとそれを用いる人間の間に介在させる枠組みを提案する.この枠組みでは,物体や人物動作を認識するための認識モジュールと,さりげないインタラクションによって人間を誘導するエージェントモジュールが協調して動作することによって,支援システムが必要な情報を必要な時に十分な精度で得ることを目的としている.本研究では,そのプロトタイプとして大型ロボット(AIBO)をエージェントとしたシステムを試作し,認識誤りが発生しそうな場合や,より詳細な誰識が必要なタイミングにユーザにその対処方法とともにジェスチャで知らせる機能を実装した.試作システムを用いた予備実験において,エージェントを導入することにより認識率が上がること,および,人間に認識位置・姿勢を直接命令する場合に比べてユーザへの負担が減ることを確誰した.

In this paper, we propose a novel framework for supporting our work or daily life by realizing an artificial agent mediate between a automated supportingsystem and a human using the system. In this framework, we have two modules: one is a recognition module for recognizing objects and human motions, the other is an agent module for interacting with human for informing the system state and requesting cooperative action of the human. With these modules, the support system can realize sufficient accuracy with natural cooperation of a human. We made a prototype system witha dog-style robot (AIBO) as an agent, and implemented some functions mentioned above. We conducted an experiment with the prototype system, and got the results that the performance of recognition is improved and users' impressions are mostly better than the case of without the agent.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 106(496), 19-24, 2007-01-18

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  6

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006205193
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10476092
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    8639412
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top