教養教育についての一考察 : 主題別科目の実践を通して On general education -A report based on the experience of some topic-based subjects-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

教養教育で目指すべきものは何か。本稿はその教養教育の目的を筆者が行った2つの主題別科目「現代社会と学校教育」,「数学と文化」の実践と,堀尾輝久氏の教養論に依拠して,理論的・実践的観点から対比的・総合的に考察し,教養教育の課題と実践の方途を案出していこうとしたものである。その結果,「人を人として育てるという人間形成の観点の定立」,「文化の基本的構造を自己に同化させつつ,得られる文化を考察できる能力の確立」,「学問観・教育観の問い直し」,「学部・年次の異なる多様な資質を有した学生の参加した学習集団の形成」という観点が,教養の本質に根ざし,それに基づく教養教育の実現を促す要因になるのではないかと予想された。そして,その予想を現実のものにしていくためには,教養教育を担う教師は,全人間性を傾けて指導にあたる必要があり,自己のそれまでの様々な経験をふまえて,対話性のある授業展開が不可欠であることが明らかになった。

収録刊行物

  • 信州大学高等教育システムセンター紀要

    信州大学高等教育システムセンター紀要 1, 31-42, 2005-03

    信州大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006214384
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12028953
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18805337
  • NDL 記事登録ID
    7344722
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z71-N515
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ