日本語敬語の文法化と意味変化(<特集>日本語における文法化・機能語化) The Grammaticalization and Semantic Change of Honorifics in Japanese(<Special Issue>Grammaticalization in Japanese)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

『天草版平家物語』に用いられた「ござる」を、文法的機能によって分類するとともに、原拠本と対照させることによって、「ござる」の意味派生の手がかりを得ることができる。「ござる」の語源的意味に近い空間的存在文では、ほとんどの用例が尊敬表現であるが、その他の用法では丁寧表現が多数を占めている。その要因は、丁寧表現には主語に対する選択制限がなく、尊敬表現より広い範囲で使用されることによると思われる。また、「ござる」の文法化、存在動詞の語彙項目の変化等も「ござる」の敬語的意味の変化に影響を与えていると考えることができる。

This study presents a derivational account of the semantics of gozaru, arrived at by classifying tokens of gozaru found in Feiqe Monogatari (the romanized Amakusa version of the Tale of the Heike) based on their grammatical functions, and comparing them against those occurring in the original version of the Feiqe Monogatari. In spatial existence sentences, where the meaning of gozaru remains closest to its origin, nearly all tokens of gozaru occur in honorific expressions, whereas its use in polite expressions predominates in other cases. The fact that polite expressions, unlike honorifics, lack selectional restrictions as to their subjects, thus allowing for a wider range of use, is the reason suggested for this predominance. Moreover, the process of grammaticalization, and the shifts undergone by existence verbs in their lexical categorization, served among other factors to influence the development of gozaru's meaning towards a polite one.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 1(3), 18-31, 2005

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006218816
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    7407410
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ