日本語可能形式にみる文法化の諸相(<特集>日本語における文法化・機能語化) Aspects of Grammaticalization in Japanese Potential Expressions(<Special Issue>Grammaticalization in Japanese)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では、日本語の可能形式の文法化のありかたについて、他の言語の場合も参照しつつ、その特徴を総合的に整理することを目的とする。分析によって、以下の点を明らかにする。(a)可能形式の起源となった形式には、完遂形式と自発形式がある。いずれも他の言語と共通するが、自発形式の種類が多様である点に日本語の特徴がある(第3節)。(b)日本語可能表現の内部では、状況可能>能力可能>心情可能といった変化の方向が観察され、通言語的に指摘されている能力>状況といった方向とは異なっている(第4節)。(c)日本語の可能形式は、さらに、行為指示形式や生起可能性を表すモダリティ形式に変化する場合があるが、前者はおもに禁止表現に、後者はわずかな形式に観察されるだけである(第5節)。まとめれば、日本語の可能形式の文法化は、可能形式以外の表現領域から可能形式化し、可能表現内部でさらに意味変化を起こすことはよくあるが、ときに禁止表現化する以外には可能形式の段階にとどまったまま、次の新たな可能形式に道を譲るといったケースが多い。

This paper aims to describe the process of grammaticalization in Japanese potential expressions with reference to the situation in other languages. The following points will be illustrated: (a) As with other languages in the world, completives and spontaneous expressions are a source of potential expressions in Japanese. The multiplicity of forms of the latter origin is a characteristic of Japanese (§3). (b) Within potential expressions, the development of ABILITY>POSSIBILITY is observed cross-linguistically. In Japanese, however, the direction of change is the reverse: POSSIBILITY>ABILITY>MODALIZED ABILITY (§4). (c) Japanese potential expressions further come to express directives and epistemic possibility in some dialects, but the former is normally limited to prohibitive expressions and the latter type of change constitutes only marginal cases (§5). In sum, forms which originally denoted meanings other than ability and possibility have repeatedly come into use as potential expressions in Japanese, and have further changed their meanings within the realm of potential expressions. However they seldom change into other expressions with the exception of prohibitive. Japanese potential expressions normally give way to other forms which are grammaticalized in a similar fashion, and cease to be used as potential expressions.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 1(3), 32-46, 2005

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006218817
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    7407426
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ