「イラッシャル」に生じている意味領域の縮小 On the Narrowing of the Semantic Field of irassharu

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<行く><来る><いる>の尊敬語形式について,東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県に生育し居住する20歳以上の146人を対象にしたアンケート調査と,東京出身作家76人(76冊)の小説を用いた調査を行い,「イラッシャル」は,表すとされてきた<行く><来る><いる>それぞれの意味で用いられるのではなく,<来る><いる>としては使用され続けているが,<行く>には用いられなくなりつつあることを明らかにした。この変化の主な要因としては,「イラッシャル」は敬意によって動作主の移動の方向を中和するよりも,話し手が自身の関わる移動を,優先して表すようになったことにあるとした。そのために,「イラッシャル」が表す移動は,話し手(の視点)の位置が動作主の到達点となる<来る>になり,移動を表すことを同じくしながら,話し手の関わりが大きくない<行く>は,「イラッシャル」の意味領域から排除されることになった。

This article aims to clarify the semantic field of irassharu, a Japanese honorific form of iku ('go'), kuru ('come') , and iru ('exist'). To achieve the goal, a questionnaire survey was conducted to 146 grownups born and raised in Tokyo, Kanagawa, Chiba, and Saitama Prefectures. Works of fiction by 76 writers born and brought up in Tokyo were also investigated. The data collected empirically demonstrates that irassharu is now being used less and less with the meaning of 'go', while it is still widely used to mean 'come' and 'exist.' Although it has been claimed that the respectful attitude shown with irassharu neutralizes the direction in which the agent is headed, this study suggests that the main reason for this change is that the respect tends to be expressed more often when the agent's motion relates to the speaker. This speaker's preference results in irassharu expressing the agent's movement when the goal is the speaker's position (or viewpoint). Movement to goals other than the speaker, in consequence, is excluded from the semantic field of irassharu, since the relevant movement has less relation to the speaker.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 1(4), 32-46, 2005

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006218850
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    7677370
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ