前庭感覚インタフェース技術の理論と応用 Theory and Applications of the Vestibular Sensation Interface

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 安藤英由樹 ANDO HIDEYUKI
    • 日本電信電話株式会社NTTコミュニケーション科学基礎研究所 NTT Communication Science Laboratories NTT, Corporation
    • 杉本 麻樹 [他] SUGIMOTO MAKI
    • 電気通信大学知能機械工学科 Department of Mechanical Engineering and Intelligent Systems, The University of Electro-Communications
    • 前田 太郎 MAEDA TARO
    • 日本電信電話株式会社NTTコミュニケーション科学基礎研究所 NTT Communication Science Laboratories NTT, Corporation

抄録

人間の平衡感覚(重力感覚や加速度感覚)に人工的に影響を与える方法として前庭電気刺激が知られている.前庭電気刺激は耳の後ろ(頭部乳様突起部)に装着された小型電極から微小電流を流すだけで,装着者に物理的な加速度を与えることなく平衡感覚に対して影響を与えることが可能であり,小型軽量インタフェースとして実装が可能である.本論文では,インタフェースを実装するうえでの設計指針を記すとともに,インタフェースとしての応用について,装着者への情報支援,前庭感覚付与による没入感・臨場感の向上,前庭感覚を含めたコミュニケーション,という3 つの視点から実現例を含めて示す.Galvanic Vestibular Stimulation (GVS) is known as a method of giving influence on sense of equilibrium. The vestibular system is stimulated by a weak current through an electrode placed on the mastoid behind the ear. Using GVS, we can realize a small and concise interface for affecting vestibular sensation. In this paper, we describe design theory of proposed GVS interface and novel applications from the following point of views, firstly information support, secondly improvement of sense of presence, thirdly communication media.

Galvanic Vestibular Stimulation(GVS) is known as a method of giving influence on sense of equilibrium. The vestibular system is stimulated by a weak current through an electrode placed on the mastoid behind the ear. Using GVS, we can realize a small and concise interface for affecting vestibular sensation. In this paper, we describe design theory of proposed GVS interface and novel applications from the following point of views, firstly information support, secondly improvement of sense of presence, thirdly communication media.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 48(3), 1326-1335, 2007-03-15

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006223870
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • NDL 記事登録ID
    8751160
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-741
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ