今昔物語集の人数表現について : 数量詞転移の文体差と用法および数量詞遊離構文に関して Expressions of the Number of People in Konjaku-monogatari-shu

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は,古代語における数詞表現のあり方をみるために,その手がかりとして,『今昔物語集』において頻出する人数表現を中心とする数詞表現を,現代語の数量詞研究の成果を踏まえつつ,検討を加えたものである。まず,今昔全体の表現の偏りから,基調とする文体差によって名詞句に対する数量詞の前置・後置に差が見られることを確認する。その上で,それらの間には定・不定などの用法差がうかがえること,それらは現代語ではいわゆる数量詞遊離構文が果たしている機能が数量詞転移表現によってなされるなど,現代語とは異なった様相を見せていることなどを明らかにした。また,新たな展開を見せる表現として和文脈を中心に,いわゆる数量詞遊離構文が(平安仮名文において有力であったわけでもないのにも拘らず),その勢力を拡大しようとしているようすが認められた。

This paper focuses on expressions for the number of people in Konjaku-monogatari-shu, with an aim to describe and analyze the conditions of usage of the numerical expressions in old and middle Japanese. It first examines how relative frequency of Q-preposing and Q-shifting changes as time passes. It was found that the volumes in Konjaku-monogatari-shu which are influenced by the diacritical language (kanbun-tai), namely, a style used to translate Chinese into Japanese, contain more instances of Q-preposing than other volumes, while those which are influenced by Old Japanese conversational style (wabun-tai) contain more instances of Q-shifting and Q-floating. It also shows that throughout all the volumes in Konjaku-monogatari-shu, some functional differences, illustrated below, are observable between Q-preposing and Q-shifting, which is not the case in Modern Japanese. 1) The Q-preposing in Konjaku-monogatari-shu roughly corresponds to the function of Q-floating in Modern Japanese. 2) The Q-floating of Konjaku-monogatari-shu increased beyond that of Japanese conversational texts in the Heian period (Heiankana-bun).

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 2(1), 64-77, 2006

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006239284
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    7783403
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ