図書館への提言 : 図書館システムの開発に携わって(<特集>図書館への提言) Recommendations for libraries, after having involved in the development of integrated library system(<Special feature>Recommendations for libraries)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1980年代から始まった図書館をシステム化するという波は,大型汎用コンピュータによる一極集中処理の形態から,データベース機能,業務処理機能,検索機能(OPAC)等を機能分けしたクライアント・サーバーシステムに移り,現在ではインターネット上にOPACを公開し, Webを通じていつでもどこからでも図書館が持つ情報にアクセスできる状況に至っている。これらの流れの中でコンピュータ技術者として実際に図書館システムの日本語化に携わった側面から,グローバル・スタンダードの大切さ特に文字コードの標準化や,またWebが主流となった情報検索の世界で図書館が果かす役割などを昔の苦労を振り返りつつ述べる。

In 1980's, various projects for developing the Integrated Library System(ILS) started in Japan. In its early stage, concentrated data processing on a large host computer was a main stream. Then client-server model emerged, which consisted of database function, business processing function and search function(OPAC). Today, people can retrieve and access the information of libraries globally by Web via Internet. The global standards, especially the character code standalization is the key issue for ILS, and the role of a library in Web age are described from the stand point of computer engineers' view and our localization experience.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 57(4), 188-191, 2007

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006242736
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    8692136
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ