海馬CA1野錐体細胞における膜電位応答のカントール性 Cantor coding like responses in hippocampal CA1 neurons

この論文をさがす

著者

抄録

海馬CA1野錐体細胞に対し、2つの独立経路から時空間的にランダムな電気刺激を行った際の膜電位応答を記録した。その結果、応答は、刺激のパターンや以前の刺激パターンによってクラスター化されていた。そのクラスター化の度合いは、刺激の強度に依存しており、閾値下の弱い刺激による応答に比べ閾値上の強い刺激による応答の方が、より以前のクラスターのパターンを内包していた。このクラスター化は、海馬の神経情報処理モデルとして、津田らによって提案されているカントールコーディングモデルに必要な条件の一つである。本研究の結果は、海馬CA1野錐体細胞において、カントールコーディングが行われている可能性を示すものである。

A pair of spatio-temporal stimuli using two stimulating electrodes were delivered to Schaffer collaterals, and post-synaptic membrane potentials were recorded using the patch-clamp recording method. We found that at least two previous pairs of successive stimuli affect the neuronal responses, and the membrane responses were clustered by historical patterns of electrical stimulation. The clustering property in subthreshold condition is different from those in subthreshold condition. Our results suggest that the pyramidal neurons stored information of previous history by temporally compressed mapping. This property could induce the ability of Cantor-like coding in hippocampal CA1 neural circuits theoretically improved by Tsuda and Kuroda (2001).

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング

    電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング 106(588), 1-4, 2007-03-07

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006249015
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10091178
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8706026
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ