統計学の現状と課題 : 統計教育の視点から(<特集2>統計教育) Statistics at Present and Its Outlook for the Future From the Viewpoint of Statistical Education(<Special Section>Statistics education)

この論文をさがす

著者

抄録

統計理論と方法は日常生活,政府諸機関,各種産業のみならず,人文,社会,自然,の諸科学において用いられている.したがって,統計学の理論と方法の教育は初等・中等・高等教育や社会人の生涯教育において極めて重要である.この論文は,わが国及び海外諸国における今日までの統計学の理論と方法の発展ならびに統計教育の研究と実践の状況を概観し,21世紀への展望を試みることを目的としている.1945年以降,わが国の統計学研究者たちの理論と方法の発展への貢献は多大であることは事実であるが,統計教育の実態を顧みるとき,世界における先進国,発展途上国と比較して,極めて劣っていることを認めなければならない.この論文において,わが国の学校教育・社会人教育における統計教育改善のための若干の提言を行うことにする.

Statistical theories and methods are used not only in daily life, governmental and nongovernmental workplaces, but also in humanities, social and natural sciences. Therefore statistical education is very important at primary, secondary and tertiary schools, and also in life-long continued education. In this paper the developments of statistics and statistical education abroad as well as in Japan are reviewed for the purpose of looking forward to a better situation in the 21st century. In sipte of the fact that Japanese statistics research workers have made many contributions in theories and methods since 1945, it must be admitted, however, that the statistical education in Japan has been rather poorly practiced as compared with advanced and advancing countries throughout the world. Some proposals are given to improve the situation in Japan.

収録刊行物

  • 日本統計学会誌. シリーズJ

    日本統計学会誌. シリーズJ 36(2), 231-249, 2007

    日本統計学会

参考文献:  56件中 1-56件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006250259
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11989749
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03895602
  • NDL 記事登録ID
    8810195
  • NDL 雑誌分類
    ZD43(経済--統計)
  • NDL 請求記号
    Z3-1003
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  NDL-Digital 
ページトップへ