卒業生にとっての4学科合同実習の学習効果--実施直後の調査と1年後の追跡調査から  [in Japanese] Effects of interprofessional work acknowledged by graduates: comparing the follow-up study held a year after graduates with the study held immediately after IPW  [in Japanese]

Author(s)

    • 大塚 眞理子 Otsuka Mariko
    • 埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科 Department of Nursing, School of Health and Social Services, Saitama Prefectural University
    • 新井 利民 Arai Toshitami
    • 埼玉県立大学保健医療福祉学部社会福祉学科 Department of Social Work,School of Health and Social Services, Saitama Prefectural University
    • 朝日 雅也 [他] Asahi Masaya
    • 埼玉県立大学保健医療福祉学部社会福祉学科 Department of Social Work,School of Health and Social Services, Saitama Prefectural University

Abstract

本学4学科4年生18名を対象として試行された合同・専門職連携教育(IPE)実習の効果を検討するため、実習直後(2003年)と、対象学生の卒業10ヵ月後(実習1年後)の追跡調査結果を比較検討した。追跡調査では、利用者中心であること、相互理解が重要であること、自己理解が必要であることが学習成果として集約された。これらは実施直後とほぼ一致し、自己理解は追跡調査でさらに強調された。卒業後の実践活動では、専門職連携のよさを実感しつつも、それが困難な現実との間で葛藤があった。しかし、卒業生はIPEとして学んだことを生かした援助活動に努力しており、基礎教育で4学科合同実習を体験した影響と考えられた。基礎教育のIPEでは地域フォールドで行うことの学習効果が示唆された。

Journal

  • The Bulletin of Saitama Prefectural University

    The Bulletin of Saitama Prefectural University 8, 97-104, 2006

    Saitama Prefectural University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006250550
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11480694
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13458582
  • NDL Article ID
    9610506
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-E365
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top