ダンス教育支援を目的とした自動振付システムの試作 : バレエとコンテンポラリーダンスの複合振付の生成 Automatic Composition System for Dance Education : Experiment of Choreography Creation by Several Algorithms

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,ダンス・レッスンで実用できる振付を自動的に生成するシステムの開発を目指している.モーションキャプチャで取得したバレエおよびコンテンポラリーダンスの基本動作を組み合わせ,ダンスの振付を自動生成するシステムを試作した.本システムは,条件を選択することで,異なる性質の振付を生成することができる.実用的な振付を生成するアルゴリズムを考案するため,異なる条件による振付生成実験を行った.各アルゴリズムによって生成された振付をダンサーに実演してもらったところ,実用的な振付を生成するための要素が明らかになった.

We have developed and automatic composition system that creates dance sequences for ballet and contemporary dance by using motion data performed professional dancers. This system allows us to create choreographies with different characteristics according to the algorithm. As a result of an evaluation test, we have verified some elements to create useful choreographies.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎

    電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎 106(611), 25-28, 2007-03-16

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006250637
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10476092
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8706250
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ