外来語「トラブル」の基本語化 : 20世紀後半の新聞記事における Loanwords in Basic Vocabulary : Shift of Loanword toraburu to Basic Word in Japanese Newspaper Vocabulary

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

語彙調査の結果などによれば,20世紀の後半には,外来語の増加に伴って,少なからぬ外来語が基本語彙の中に進出したと推測される。そうした外来語の多くは,生活の近代化に伴って借用され,多用されるようになった具体名詞であるが,一方では,抽象的な意味を表す外来語の中にも,雑誌や新聞などで数多く用いられるようになり,基本語彙の仲間入り(基本語化)をしたとみてよいものがある。しかし,抽象的な外来語の基本語化は,生活の近代化といった言語外的な要因によってではなく,意味・用法の記述によつて明らかになる言語内的な要因によって説明しなければならない。本稿では,そのような記述の一環として,新聞文章における外来語「トラブル」の基本語化に注目し,1960年ごろから新聞に使われ始めた「トラブル」が,1980年ごろまでにはその意味・用法を3種6類にまで拡大させ,最終的には,新聞で報道される機会の多い《深刻・決定的な危機的事態に至る可能性を持って顕在化した不正常な事態》を「広く」「概略的に」表すことのできる,それまでの新聞語彙にはなかった「便利」な単語として成立したことを明らかにし,そうした基本語がそれまでの個別の類義語とは別に必要とされた背景に,20世紀後半における新聞文章の概略的な文体への変化があるとの見方を提示する。

Loanwords increased notably in the second half of the 20^<th> century, so one may expect that some will have been incorporated in the basic vocabulary. Although many such basic loanwords are concrete nouns borrowed from the West, which came to be used abundantly with the modernization of life in Japan, some loanwords with abstract meaning have also changed into basic words by frequent use. One such word is toraburu, originating from the English word 'trouble', and frequently used in magazines and newspapers. Based on the assumption that the reason an abstract loanword turns into a basic word must be explained by intralinguistic factors, rather than extralin-guistic ones such as modernization of lifestyle, this paper attempts to clarify these factors by describing how toraburu became a basic word in newspaper texts. The meaning and usage of toraburu, which began to be used in newspapers from around 1960, rapidly expanded and by 1980 could be categorized into three major types and six subtypes. Thus, it developed into a word which can express widely and approximately an "abnormal situation" of the type often reported in newspapers. A change to a more "generalized" style in Japanese newspaper texts in the second half of the 20^<th> century made toraburu a convenient basic word, instead of previous synonyms which were more limited semantically.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 2(2), 18-33, 2006

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006272331
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    7906391
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ