台湾高年層の日本語にみられる一人称代名詞 The Remnants of Japanese in Taiwan : Focusing on First Person Pronouns

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,台湾でリンガフランカとして用いられている日本語を対象に,一人称代名詞の運用の実態およびその変容のメカニズムの究明を試みる。台湾高年層による日本語自然談話に日本語一人称代名詞のほかに閩南(びんなん)語一人称代名詞の使用が観察された。これは,日本語一人称代名詞の形式面と運用面の複雑さを回避するために,形式と運用規則が単純でかつ優勢言語である閩南語一人称代名詞が採用された,いわゆる単純化の結果である。ドメイン間の切換えから,閩南語一人称代名詞は台湾高年層のin-group形式の役割を果たしていることがわかる。ただし,日本語能力の低いインフォーマントの場合,日本語一人称代名詞への切換えはない。ドメインおよびインフォーマントの日本語能力に応じた使用の連続体から,閩南語の一人称代名詞は連体修飾語の場合に現れやすい傾向があること,言語構造面の単純化と連動して言語行動面においても単純化が漸次的に進行しつつあることが指摘できる。独自の体系を持つ台湾日本語は,日本語の変容のあり方を探るための貴重な例となっている。

This paper considers the use of Japanese in Taiwan as a lingua franca and attempts to clarify its process of change by examining the usage of first person pronouns. The use of both Japanese and Southern Min first person pronouns was observed in the analyzed data. Southern Min personal pronouns appear to be used as a type of simplification strategy to avoid the complexity of form and usage associated with Japanese personal pronouns. All informants used Southern Min first person pronouns in the domain where Japanese was used as a lingua franca, although the frequency of usage varied. Some informants shifted to Japanese personal pronouns when speaking with a researcher who was a native speaker of Japanese. It can hence be concluded that Southern Min first person pronouns function as a form of in-group identification. However, informants with lower Japanese proficiency did not use this type of style shift. From the continuum of style shift according to domain and language proficiency, we can say that Southern Min personal pronouns tend to be used in noun phrases and that simplification in linguistic form is accompanied by a gradual simplification in linguistic behavior.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 2(2), 61-76, 2006

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006272334
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    7906456
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ