江戸語にみられる否定助動詞ヌとネエの対立 The Contrast between the Negative Auxiliary Verbs Nu and Ne〓 in the Edo Period

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

江戸語の特徴として言及されることの多い連接母音aiの長母音化(e:)は、形容詞、名詞、助動詞などさまざまな語に実現した幅広い音変化である。しかし、『浮世風呂』『浮世床』をみると、否定助動詞ナイにおいては、その変化が実現された場合に想定される対立ナイ対ネエとは異なり、ヌとネエの使用が際立っている。本稿は、連接母音の長母音化という音変化の枠から外れた、否定助動詞の非対称的対立の成立に至る過程とその要因について考察する。まず、『浮世風呂』『浮世床』を資料として、ヌとネエの対立がai形式とe:形式の対立と並行的な関係であることを指摘する。次に、『浮世風呂』『浮世床』以前に成立した洒落本における否定助動詞の様相を示し、ヌ対ネエ以前の姿(ヌ対ナイ)を推測する手掛かりとする。最後に、否定助動詞における変則的な対立が生じた要因には「ヌが有する上方の威信」の関与があることを指摘する。

This paper considers the factors behind the formation of an asymmetric contrast of negative auxiliary verbs in the Edo period. In this period, the change of the hiatus ai into the long vowel e〓 was realized in various words, including adjectives, nouns, and auxiliary verbs. However, for negative auxiliary verbs, the contrasting forms nai and ne〓, which are naturally expected from the regular change of hiatuses into long vowels, are not used; instead, the forms actually used are nu and ne〓. This paper focuses on the following three points. First, using Ukiyoburo and Ukiyodoko as our data, the contrast between nu and ne〓 forms is found to parallel the contrast between the ai and e〓 forms. Second, analyzing negative auxiliary verbs in Sharebon, which predates Ukiyoburo and Ukiyodoko, it may be inferred that the previous contrast was nu vs. nai rather than nu vs. ne〓 forms. Finally, the paper suggests that one factor to produce such an irregular contrast in the negative auxiliary verbs was the influence of the prestigious Kamigata dialect.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 2(2), 93-107, 2006

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006272336
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    7906556
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ