エゾサンショウウオの適応的な表現型可塑性 : 「頭でっかち型」  [in Japanese] An adaptive phenotypic plasticity in larvae of the salamander Hynobius retardatus : broad-headed morph  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 若原 正己 Wakahara Masami
    • 北海道大学先端生命科学研究院 Division of Life System Sciences, Faculty of Advanced Life Science, Hokkaido University

Abstract

表現型可塑性は生物が環境の変化に対して示す適応的反応であり、理論的にも適応進化できることが報告されている。この場合、自然淘汰は、個々の表現型ではなく反応基準を標的としているのである。しかし、表現型可塑性を適応進化させる生態的・環境的条件の実証的研究結果が十分にそろっているとはいい難い。本稿では、この問題について、北海道に生息する有尾両生類エゾサンショウウオ幼生の可塑的形態「頭でっかち型」を題材に議論を進め、表現型可塑性について、分野横断的(生態学的・生理学・内分泌学的)なアプローチも紹介する。

Journal

  • JAPANESE JOURNAL OF ECOLOGY

    JAPANESE JOURNAL OF ECOLOGY 57(1), 33-39, 2007

    The Ecological Society of Japan

References:  52

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006277358
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00193852
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0021-5007
  • NDL Article ID
    8798727
  • NDL Source Classification
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL Call No.
    Z18-43
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
Page Top