プロジェクト計画におけるQFDの活用 : プロジェクト計画におけるQFD応用研究会報告(<特集>研究会活動)  [in Japanese] Applying QFD to Project Planning : Report of the Study Group on Applying QFD to Project Planning(<Special Issue>Study groups on The Society of Project Management)  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

プロジェクトの計画プロセスは,プロジェクトマネジメント全体に対して重要な影響を及ぼす.しかしながらプロジェクト計画プロセスの実施は,計画立案者に依存し立案者によって成果物の精度やプロセス実施の効率のばらつきが生じるといった課題点がある.一方,品質管理の分野における新製品開発のための手法として使われるQFD(品質機能展開)がある.QFDは,顧客の要求を論理的に展開し,顧客の要求を基にした製品の品質要素を決定し,製品開発計画を検討するための手法である.プロジェクト計画におけるQFD応用研究会では,効率的な計画プロセスを実施するために,QFDの考え方を援用し,情報の共有,知識の蓄積を容易にする手法を研究することを目的に活動している.本報では,本研究会の研究対象であるプロジェクト計画とQFDについて概要を説明し,本研究会の取り組みについて報告する.

This paper reports the activity of the study group on applying QFD to Project Planning with describing QFD. The QFD is a method to organize requirement logically mainly used for new product development in manufacturing industry. This study group study about applying QFD to Project Planning. The project planning process is the most effective process in project management's processes. To execute effective planning process depends mainly on planner and has a problem about variability. Hence, this study group discuss about the effectiveness of concept of QFD for that problem.

Journal

  • Journal of the Society of Project Management

    Journal of the Society of Project Management 8(5), 16-17, 2006

    The Society of Project Management

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006278346
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1345-031X
  • Data Source
    NII-ELS  J-STAGE 
Page Top