トチノキ果実の発育過程と未熟落果 Developing Process and Immature Fall of Fruits in Aesculus turbinata Blume

この論文をさがす

著者

抄録

鳥取大学蒜山演習林のトチノキ林において,果実の成熟過程における落果時期と内部形態の解剖学的な観察をもとに,発育途中における未熟果実の落下原因を調べた。未熟果実は6月中旬から7月下旬までの間に全体の80〜90%が落下した。未熟落果の形態として,「虫害」タイプ,「胚珠の発育不全」タイプ,「種子内組織の崩壊」タイプ,「胚珠の発育不全」タイプの四つが挙げられた。虫害による未熟落果は6月と7月下旬以降に多く発生した。6月の虫害は果肉摂食型幼虫によるもの,7月下旬以降の虫害は子葉摂食型幼虫によつものであった。「胚珠の発育不全」タイプの落果は主に6月にみられ,受粉・受精の失敗によって胚珠が種子に成長しなかったことが原因として考えられた。「種子内組織崩壊」タイプの落果は7月上旬以降にみられ,種子内の組織が死滅して内部が空洞化していた。「胚の発育不全」タイプの落果は7月下旬以降にみられ,胚の発育が途中で止まったものであった。トチノキの未熟落果の大部分を占める「胚珠の発育不全」と「種子内組織の崩壊」は,落下果実の内部形態から判断して,「胚珠の発育不全」タイプは受粉・受精の失敗が主要因であり,「種子内組織の崩壊」タイプは資源制限による発育中断が主要因である可能性が高いと考えられた。

Causes of falling of immature fruts during development were investigated in the stands of A. turbinata in the Tottori University forest in Okayama Prefecture. About 80〜90% of immature fruits fell between mid June and late July. The cessation of ovular development, the collapse of the inside tissue of seeds, the poor development of embryos and cotyledons, and insect damage were observed as the causes of fruit fall of 55,33,12,and 0.8% of the fruit, respectively. The insect damage occurred mainly from early to late June and from late July to mid-August. Damage in June was caused by sacrocarp-eating larvae, and damage in July and August was causal by cotyledon-eating larvae. The cessation of ovular development in fallen fruits was observed mainly in June. The collapse of seed tissue was observed in fallen fruits from late July to mid August.

収録刊行物

  • 日本林學會誌

    日本林學會誌 85(4), 340-345, 2003-11-16

    一般社団法人日本森林学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006279013
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198561
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0021485X
  • NDL 記事登録ID
    6754961
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-340
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ