トチノキ新生休眠芽の休眠打破に及ぼす植物成長調節物質処理の影響 Effects of Plant Growth Regulators on Bud Breaking and Shoot Development in Aesculuc turbinata Seedlings

この論文をさがす

著者

抄録

樹木の開芽の生理機構を明らかにすることを目的として,トチノキ(Aesculus lurbinata)休眠芽(頂芽および側芽)の伸長,開芽ならびに新条件発達に及ぼす10種類の植物成長調節物質処理の影響を調べた。頂芽の伸長はジベレリン(Gas)処理で著しく促進された。一方,2種のジベレリン生合成阻害剤(AMO1618,ウニコナゾール.P : UCZ-P)の処理区では抑制された。また側芽の伸長はGas処理で促進されるとともに,エスレル(ET),ジャスモン酸(JA-Me),AMO1618およびUCZ-P処理でも促進された。さらに頂芽と側芽の開芽はGasおよびJA-Me処理によって促進された。これらの結果,既定芽タイプであるトチノキの芽の伸長にはジベレリンが重要な役割を果たしているものと考えられる。また,開芽にはジベレリンとジャスモン酸が関与している可能性が高い。

The present study deals with the effects of application of 10 different kinds of plant growth regulators (PGRs) on breaking the dormancy of buds and shoot development in 2-year-old Aesculus lurbinata seedlings. The application of gibberellins (Gas) increased the elongation of apical buds. However, bud clongation was suppressed by the application of GA synthesis inhibitors including AMO-1618 (AMO) and uniconazole-P (UJNP). The elongation of lateral buds was accelerated by application of Gas, Ethrel (ET), jasmonic acid (JA), AMO and UNP. The breaking of the dormancy of both apical and lateral buds was also promoted by the treatment with Gas of JA. These results suggest that Gas are essential for the elongation of buds and not only Gas but also. JA may have a role in breaking the dormancy of buds in A. turbinata seedlings.

収録刊行物

  • 日本林學會誌

    日本林學會誌 85(4), 350-354, 2003-11-16

    一般社団法人日本森林学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006279015
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198561
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0021485X
  • NDL 記事登録ID
    6754987
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-340
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ