「はやぶさ」小惑星探査機に搭載されたマイクロ波放電式イオンエンジン  [in Japanese] Microwave Discharge Ion Engines onboard HAYABUSA Asteroid Explorer  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

プラズマ生成に直流放電を利用する従来式電気ロケットは,放電電極損耗という劣化要素を含み,長寿命・高信頼を必須とする宇宙機械において重大な問題を抱えていた.これをマイクロ波放電による無電極化にて根本的に解決し,日本独自のシステムとしてマイクロ波放電式イオンエンジンが開発された.「はやぶさ」小惑星探査機は,2003年5月から2年余を掛けて,太陽距離0.86天文単位から1.7天文単位に至る広範な宇宙を走破して,目的天体「いとかわ」とのランデブーに成功した.この間,主推進装置である4台のマイクロ波放電式イオンエンジンは,22kgの推進剤キセノンを消費して,総増速量1,400m/s,延べ作動時間25,800時間という世界一級の成果を挙げた.慣性(弾道)飛行していたこれまでの「人工惑星」「人工衛星」とは異なり,高性能推進機関を搭載する宇宙機は,動力航行する能力を持ち,「宇宙船」に分類されるべき新しい技術である.

Journal

  • Journal of plasma and fusion research

    Journal of plasma and fusion research 82(5), 300-305, 2006-05-25

    プラズマ・核融合学会

References:  11

  • <no title>

    JAHN R. G.

    Physics of Electric Propulsion, 1968

    Cited by (1)

  • <no title>

    KAUFMAN H. R.

    Technology of Electron-Bombardment Ion. Thrusters, 1974

    Cited by (1)

  • Ion Engine Service Life Validation by Analysis and Testing

    BROPHY J. R.

    Joint Propulsion Conference & Exhibit, Lake Buena Vista, FL, July, 1996, 1996

    Cited by (1)

  • <no title>

    國中均

    日本航空宇宙学会誌 52, 1, 2005

    Cited by (1)

  • <no title>

    國中均

    日本航空宇宙学会誌 46, 174, 1998

    Cited by (1)

  • <no title>

    STIX T. H.

    Waves in Plasma, 1992

    Cited by (1)

  • <no title>

    TOKI K.

    Acta Astronautica 50, 285, 2002

    Cited by (1)

  • <no title>

    FUNAKI I.

    J. Space Technology Sci. 13, 26, 1999

    Cited by (1)

  • <no title>

    川口淳一郎

    日本航空宇宙学会誌 53, 1, 2005

    Cited by (1)

  • <no title>

    國中均

    日本航空宇宙学会誌, 2005

    Cited by (1)

  • <no title>

    國中均

    日本航空宇宙学会論文集 52, 129, 2004

    Cited by (1)

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006282066
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10401672
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09187928
  • NDL Article ID
    7974898
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL Call No.
    Z15-8
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top