超伝導材料と導体  [in Japanese] Superconducting Materials and Conductors  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

核融合炉用大型超伝導マグネットシステムでは,高磁場中で高い電流密度を有する超伝導材料が必要である.また、ヒステリシス損失を低減し変動磁場による導体の発熱を抑えることが重要であり,さらに,巨大な電磁力による素線の超伝導特性の劣化を防止することなどが求められる.本章では,実用超伝導材料であるNb_3Sn素線を紹介するとともに,次世代の材料として有望視されているNb_3Al,高温超伝導材料について述べる.さらに,大型超伝導導体の構造と特性についてITER用導体を例にあげて解説する.

Journal

  • Journal of plasma and fusion research

    Journal of plasma and fusion research 83(1), 44-49, 2007-01-25

    プラズマ・核融合学会

References:  32

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006282198
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10401672
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09187928
  • NDL Article ID
    8665503
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL Call No.
    Z15-8
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top