溶融池中の対流に及ぼす4つの駆動力(プラズマ気流, 電磁気力, 表面張力, 浮力)の影響  [in Japanese] Effect of Four Driving Forces (Plasma Stream, Electromagnetic Force, Surface Tension and Buoyancy) on Convection in Molten Pool  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

溶融池内の対流に及ぼす4つの駆動力(プラズマ気流,電磁気力,表面張力,浮力)の影響を調査するために,電子ビーム溶接およびガスタングステンアーク(GTA)溶接を地上および微小重力環境下で行った.Al系合金として,純AlおよびAl-6%Cu合金(A2219),Fe系合金として,純FeおよびFe-6%W合金(SKD 4)を用いた.溶接後に試料を切断し,断面における微量元素(CuまたはW)の分布をEPMAによって分析し,対流の度合いを評価した.電子ビーム溶接では,表面張力および浮力が対流を決定する.また,微小重力環境では浮力が無視できるため,表面張力だけが対流を引き起こす唯一の駆動力となる.得られた結果から,Fe系合金の場合には,表面張力による対流が支配的であることが明らかとなった.しかしながら,Al系合金においては,表面張力の寄与が非常に小さく,従来のシミュレーションの結果と大きく異なることが明確になった.したがって,微小重力環境でAl系合金を用いて,GTA溶接を行う場合には,プラズマ気流および電磁気力だけが対流に対する支配的な影響となり,100A,Arシールドガス,アーク長3mmの条件においては,プラズマ気流と電磁気力が相殺することが明らかとなった.電流値を増加させることは,プラズマ気流および電磁気力をともに増加させるため,対流をあまり促進しないが,アーク長やシールドガスを変化させた場合には,プラズマ気流と電磁気力の間のバランスが崩れるため,対流が促進される.

Journal

  • Journal of plasma and fusion research

    Journal of plasma and fusion research 83(2), 157-160, 2007-02-25

    プラズマ・核融合学会

References:  11

  • <no title>

    YOKOYA S.

    Trans. JWRI, Osaka Univ. 16, 1, 1987

    Cited by (1)

  • <no title>

    MATSUNAWA A.

    Proc. of Int'l Conference on International Trends In Welding Science and Technology, Gatlingburg, TN, USA, June 1-5, 1992, 1992

    Cited by (1)

  • <no title>

    OHJI T.

    Q. J. Jpn. Weld. Soc. 9, 501, 1991

    Cited by (1)

  • <no title>

    JAMIC user's guide, 1995

    Cited by (1)

  • <no title>

    Metal Reference Handbook, 1976

    Cited by (1)

  • <no title>

    FUJII H.

    Int. Trends Weld. Res. Conf. Proc., 15-19 April, 2002, Pine Mountain, USA, 2002

    Cited by (1)

  • <no title>

    TERASAKI H.

    IIW Doc. 212-1019-02

    Cited by (1)

  • <no title>

    HIRAOKA K.

    Q. J. Jpn. Weld. Soc. 3, 243, 1985

    Cited by (1)

  • <no title>

    LIMMANEEVICHITR C.

    Weld. J. 79, 126s, 2000

    Cited by (2)

  • <no title>

    NOGI K.

    ISIJ Int. 40, S10, 2000

    Cited by (2)

  • <no title>

    KOU S.

    Metal. Trans. 16A, 203, 1985

    Cited by (3)

Cited by:  6

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006282231
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10401672
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09187928
  • NDL Article ID
    8704002
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL Call No.
    Z15-8
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top