開閉電気接点で発生するバウンス現象の弾性振動測定による検討 Mechanical displacement measurement of bouncing contact electrode in an electromagnetic relay

この論文をさがす

著者

抄録

電磁リレーでは、電気接点が閉成するときに、接点の衝突現象によるバウンスが生じる。過渡電流スイッチ回路によるアーク放電抑制を前提にすれば、接点電極の消耗や転移が激減するので、バウンスの抑制方法も従来とは別なアプローチがありそうである。そこで、従来のバウンス現象を可動電極の運動に着目して、現象の解明を試みた。このバウンス原因を明らかにするため、電極接点の形状を変え、接点開閉時の電流・電圧測定に同期させて可動接点の弾性振動を光変位計で測定した。閉成時の電気的特性と光変位計による測定を対比させたところ、可動電極は、片持ちはり構造の基本共振モードのほかに、2次モードの振動が確認され、それがバウンスと関係することがわかった。

During making contacts of an electromagnetic relay, mechanical collision of contacting electrodes causes bounces. It is well known that bounces cause damage of contacts and lives of contacts are reduced. Up to now, such bounces have been taken up many papers. If the transient current switch circuit is applied to an electromagnetic relay, arc discharge is suppressed. Then, consumption and metastasis of the contact electrodes decrease drastically. For suppressing bounces, change in shape of contacting electrode would be possible and effective. Therefore, we sharpen contact electrodes and measured electric characteristic and displacement of movable electrode using optical displacement sensor. Synchronized measurements of V-1 characteristics and mechanical motions show that the second order mechanical resonance mode of a bending electrode plate cause bounces as well as the first resonance mode.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EMD, 機構デバイス

    電子情報通信学会技術研究報告. EMD, 機構デバイス 107(46), 11-14, 2007-05-11

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006292743
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10383978
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8764190
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ