仮想的有能感と日常の対人関係によって生起する感情経験―抑鬱感情と敵意感情のレベルと変動性に注目して:――抑鬱感情と敵意感情のレベルと変動性に注目して Assumed-competence and daily strength and fluctuation of depression and hostility in interpersonal situations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,対人関係で経験される抑鬱感情と敵意感情に焦点を当て,仮想的有能感と日常の感情経験との関連を検討することであった。調査1では,仮想的有能感尺度および自尊感情尺度が実施された。続く調査2では,大学生445名(男性238名,女性207名)を対象に,1日のうち印象に残っている対人関係上の出来事とそれに対する抑鬱感情・敵意感情を7日間に渡って記入するように求めた。その結果,他者軽視傾向が強く自尊感情の低い『仮想型』が,抑鬱感情,敵意感情の両方を強く感じていること示された。また,7日間の評定値の変動に関しても,他者軽視傾向が弱く自尊感情の高い『自尊型』と比較して大きいことが示された。本研究の結果から『仮想型』に分類される個人は,特に対人関係に関わる出来事に関して,日常から不安定で強い抑鬱感情,敵意感情を経験していることが示された。

This study examined the relationships between assumed-competence that was based on undervaluing others, and emotional experiences of depression and hostility in interpersonal situations. Scales measuring assumed-competence and self esteem were administered to 445 university students. They were then requested to describe the most remarkable event of the day in their interpersonal relationships, and to evaluate various emotions at that time, each day for a week. Results showed that respondents who were categorized as assumption type, with high assumed-competence and low self esteem, experienced a higher level of depression and hostility in their interpersonal events than the other types. Furthermore, it was revealed that they had larger fluctuation in their emotions than those of high self esteem type, who possessed low assumed-competence and high self esteem.

収録刊行物

  • パーソナリティ研究

    パーソナリティ研究 15(2), 217-227, 2007

    日本パーソナリティ心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006318029
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11873802
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1348-8406
  • NDL 記事登録ID
    8726863
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ