コミュニケーション・スキルに関する諸因子の階層構造への統合の試み ENDCORE: a hierarchical structure theory of communication skills

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コミュニケーション・スキルに関する諸因子を階層構造に統合することを試みた。既存の尺度を構成する因子を分類することで,自己統制・表現力・解読力・自己主張・他者受容・関係調整の6カテゴリーが得られた。これらの6因子は理論的に基本スキルと対人スキル,また,表出系,反応系,管理系に分類された。こうしてコミュニケーション・スキルの諸因子を階層構造に統合したものがENDCOREモデルであり,各スキルに4種類の下位概念を仮定した24項目の尺度が,ENDCOREsである。

We attempted to integrate various factors of communication skills into a hierarchical structure model. By classification, we found six categories of factors: Expressivity, Assertiveness, Decipherer ability, Other Acceptance, Self control, and Regulation of Interpersonal Relationship, from various existing scales. We hypothesized that the six factors were located at the basic or interpersonal level, and could be combined to form higher-level factors of three: the encode, decode, and management systems, respectively. Thus, we proposed ENDCORE theory to integrate various factors of communication skills into a hierarchical structure. College students, 233 in all, participated in the study, and complated a number of scales. Results indicated high utility of the hierarchical structure model, and we have developed ENDCOREs, a scale of 24 items to measure four sub-skills each for the six main-skill factors.

収録刊行物

  • パーソナリティ研究

    パーソナリティ研究 15(3), 347-361, 2007

    日本パーソナリティ心理学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006318042
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11873802
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    1348-8406
  • NDL 記事登録ID
    8851466
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ