再考!アウトソーシング : 同志社大学の目録整理の事例を通して(<特集>図書館業務のアウトソーシング) Review! outsourcing : On Doshisha University's case example of catalog organization(<Special feature>Outsourcing at libraries)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中島 操 NAKAJIMA Misao
    • 同志社大学総合情報センター学術情報課 Doshisha University Library and Information Technology Center Library Technical Services Department

抄録

今の時代,経営の観点から考えたとき,アウトソーシング(以下,「外部委託」)は避けられない。同志社大学は2001年4月より,図書整理業務について全面外部委託を行った。整理部門の人員を削減し,当時の重点部門への人員投入ができた点は成功といえる。しかし,整理部門の現場では様々な問題点が発生した。現場の担当者は,限られたコストの中で,外部委託に最大限の効果を発揮させることしか選択の余地が与えらない。様々な角度から改善が必要になるが,委託先業者との関係については,「仕様書」と「点検評価」が鍵を握る。

From a managerial perspective, outsourcing is an unavoidable issue in present time. Since April 2001, Doshisha University has outsourced all cataloging functions. Staff reduction in the cataloging department successfully enabled reallocation of the staff to more strategic areas at that time. However, the cataloging department has experienced various problems on site. Under the restricted budgets, site supervisors are given no other choice than maximizing the effectiveness of the outsourcing. Among needed improvements from various angles, the "specification sheet" and "evaluation check" are key issues in a relationship with an outsourcing vendor. This article is based on a lecture presented during the 8th Library Fair & Forum in November 2006.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 57(7), 341-346, 2007

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006318172
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    8783970
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ