科学的思考としての原理・法則のメタ理解 : 小学校第6学年「燃焼」を事例として  [in Japanese] Fostering Students' Meta-understanding of Scientific Principles as Scientific Thinking : In the Case of 6th Grade Unit about Combustion  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

科学的な原理・法則に関する思考の育成を目標とし,小学校6年生理科の単元「燃焼」において,燃焼についての科学的原理・法則のメタ理解を獲得させる実験授業を実施した.2003年度に比較のベースとなる授業を行い,2004年度, 2005年度で,メタ理解の向上を目指して授業デザインの改善を行った.メタ理解の評価は,原理や法則がどんな事例にも成立することの理解,および,それを前提に現象について思考できることの2観点から行った.その結果, 2005年度のデザイン変更により,自発的に言及した要素の数の増加,全要素に言及した児童の増加,逆推論の増加が見られ,メタ理解の向上が示された.

Journal

  • JSSE Research Report

    JSSE Research Report 21(5), 99-104, 2007

    Japan Society of Science Education

References:  14

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006344164
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11161696
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top