東アジア地域のハトムギ (Coix lacryma-jobi L.) 遺伝資源の形態的形質の変異  [in Japanese] Variation of Morphological Characteristics in Chinese, Korean and Japanese Germplasm of Job's Tears (Coix lacryma-jobi L.)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

中国30点, 韓国30点, 日本7点の計67点のハトムギ遺伝資源を熊本県の九州沖縄農業研究センター圃場で5月下旬に播種, 栽培し, 成熟期に形態的形質を調査した. 韓国品種の形態的形質は日本品種に似ていたが, 韓国品種の着粒層は日本品種より狭く, 韓国品種には草丈が小さい品種が認められ, 機械収穫適性を改良する素材として期待できた. 中国品種は, 草丈, 主稈葉数, 稈径, 着粒層, 葉長, 葉幅で大きな値を示し, 飼料用ハトムギの改良に有望と考えられた. 各形質値の間の相関関係が高かったことから主成分分析を行った. 第1主成分は草丈, 稈径, 主稈葉数, 着粒層, 葉長, 葉幅の植物体の大きさを表す形質との相関が高かった. 第2主成分は着粒層との相関が高く, 植物体の形を表していると考えられ, 中国品種, 韓国品種は日本品種より分布域が広かった. 以上のことから, 韓国, 中国品種はともに, わが国ハトムギの草型の変異拡大に寄与すると考えられた.

Journal

  • Japanese Journal of Crop Science

    Japanese Journal of Crop Science 76(3), 459-463, 2007-07-05

    The Crop Science Society of Japan

References:  14

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006345371
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00189888
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    00111848
  • NDL Article ID
    8891370
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-342
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE  JASI 
Page Top