大学研究室とハラスメント : 閉鎖性とホモソーシャリティ University Laboratories and Harassment: Exclusiveness and Homosociality

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文ではハラスメントと大学研究室の構造の関係を北海道大学の大学院生へのインタビュー調査から考える。大学研究室の構造には固定メンバーが長時間すごす閉鎖的な特徴があり,上下の関係としては研究室の権力がトップの教員に集中している。またジェンダーの関係として,ホモソーシャルな構造がみられる。具体的には,女性に対して(1)男性から女性への性的なジョーク,(2)少数派である女性が男性院生の友人を作りにくい状況,(3)研究が女性には向いて吟ないという偏見,(4)少数者である女性は会話の選択を強いられるという4点があり,同性愛に対しては同性愛ジョークがある。一方で,研究室では少数である女性院生の抵抗の戦略をみることもできた。<BR>上記のような閉鎖的でホモソーシャルな構造が大学研究室にできやすいようであるが,権力が集中する教員,また院生においても男性が多い。そこでは教員や多数派である男性院生に都合の良いように研究室の慣習がつくられ,下位で少数の女性院生が不利益を強いられることが多い。インタビューと『学生生活実態調査』からは「普通」の研究室にもハラスメントの潜在例は多く,大学の対応システムにのらない例も多い。また閉鎖的で教員の権力が強い,ホモソーシャルな構造のもとで,ハラスメントは温存される可能性が高いと考えられる。

In this paper, I consider the relationship between harassment cases in universities and characteristics of university laboratories in Japan by interview to sixteen graduate school students and one faculty of Hokkaido University. Harassment cases in universities are divided into two types in Japan: "Sexual harassment" and "Academic harassment". Academic harassment is the word that has been used only in Japan. Academic harassment means harassment except for sexual harassment in universities, other words, bullying or abuse.<BR>From interview data, I found three characteristics of university laboratories. First one is exclusiveness. Members of laboratories stay together for long hours with limited members. Second one is teachers' power. Teachers are on the top of laboratories and have many rights. Third one is homosociality. Homosociality is characterized by misogyny and homophobia. Female students are disadvantaged in laboratories in several ways. In addition there are gay jokes in laboratories. On the other hand, female students try to adjust themselves and make resistances in laboratories.<BR>In many laboratories, most of teachers and graduate students are male in Japan. In the laboratories, teachers and male students tend to make rules at the convenience of themselves. Female students are often disadvantaged. Interview data suggest that there should be many latent harassment cases in even "ordinal" university laboratories. Even when harassment cases take place, it can be hidden in the exclusive and hornosocial laboratories.

収録刊行物

  • 現代社会学研究

    現代社会学研究 20, 19-36, 2007-06-10

    北海道社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006350650
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10176598
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09151214
  • NDL 記事登録ID
    8908475
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z6-2895
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ