ベラルーシ企業調査報告 Report of Interview Research on Belarusian Enterprises

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者たちは2005年にベラルーシの東部でポーランド国境から15キロメートル圏内にある中規模都市のグロードノ市とブレスト市 を訪れ,そこの企業を4社づつ,合計8社で企業聞き取り調査を行った。業種は裁縫業,煙草工場,牛乳工場,ガス器具工場,百貨店,自転車工場,ゼネコン,壁紙販売業である。調査の目的はベラルーシにおいてEU経済の影響がどの分野でどのように及んでいるかを調査することであった。イタリア服飾企業の下請の例と,EU向けへ安売り自転車を製造している例を除くと,EU経済の影響はさほど強くなかった。ガス器具工場はロシア資本の支配下にあった。しかし百貨店ではコンピュータ・システムをEU企業が設計するなど,いずれの企業でも何らかのEU経済の影響は発見できた。この<資料>はベラルーシの現地企業を直接聞き取り調査した日本で最初の試みの調査報告である。

収録刊行物

  • 經濟學研究

    經濟學研究 57(2), 41-61, 2007-09-06

    北海道大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006366002
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00070036
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    04516265
  • NDL 記事登録ID
    8945317
  • NDL 雑誌分類
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL 請求記号
    Z3-110
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ