7.昆布の健康機能成分 : アルギン酸とフコイダン(<総説特集>伝統食品の科学-ルーツ、おいしさ、機能-7)  [in Japanese] Healthy function ingredients of kombu, alginic acid and fucoidan  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 青木 央 Aoki Hiroshi
    • 北海道立工業技術センター・研究開発部・バイオテクノロジー科 Research and Development Department, Hokkaido Industrial Technology Center

Abstract

昆布の機能性の主力は食物繊維にある。昆布の食物繊維の主成分は、野菜や穀物に含まれる食物繊維とは異なった化学構造を待つアルギン酸やフコイダンである。昆布のヌメリ成分には、この二つの多糖類が含まれている。乾物として流通する昆布には、食物繊維以外の成分として、うま味を形成するアミノ酸や甘味をもつマンニトールなどが存在する。さらに、マグネシウム、カルシウムなどのミネラル分、そしてヨウ素なども栄養成分として含まれており、栄養補助の目的に合致する優れた食品であることは、消費者に理解されていると考えられる。本稿では、生活習慣病のリスク低減などの機能性への期待が寄せられているアルギン酸とフコイダンに注目して、その特徴ある機能性を既知の研究成果を踏まえて述べる。

Journal

  • The Japanese Journal of Taste and Smell Research

    The Japanese Journal of Taste and Smell Research 14(2), 145-152, 2007

    The Japanese Association for the Study of Taste and Smell

References:  18

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006380285
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11426393
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1340-4806
  • NDL Article ID
    8936281
  • NDL Source Classification
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL Call No.
    Z19-B394
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top