孤立音「あ」を聞いて音韻/あ/と同定する能力は音声言語に必要か? Is the ability of identifying a given [a] sound as phoneme /a/ necessary for spoken language competence?

この論文をさがす

著者

抄録

発達心理学では幼児の言語獲得を「音声模倣」という言葉で表現するが,通常,声(音)を模倣しようとする幼児はいない。一方,九官鳥の「音声模倣」では彼等は声(音)を模倣する。何故,幼児は声(音)を模倣しようとしないのか?音の音色は共鳴特性に支配されるため,音を模倣する場合,親が持つ声道と同様の形状を有する声道が必要となり,結局,親と同じ体格が要求される。よって,物理的に声模倣は不可能である。では,何故,模倣しようと努力しないのか。そもそも,物理的に異なる二つの音ストリーム(例えば,父・母の「おはよう」)を何故「同一である」と感覚するのだろうか?「聞こえた音を音韻(仮名)表象に変換し,音韻列としての同一性を認知する」との仮説も可能であるが,発達心理学はこれを否定する。何故なら,分節音及び音韻意識は「後天的に学習されるもの」だからである。本研究は,上記問いを数学及び物理の問題として捉え,「音色の相対音感」という新概念を提案することで解く。提案する枠組みは,一つの帰結として「孤立音を音韻として同定する能力は音声言語運用の必要条件ではない」という命題を主張するが,欧米圏に数多く存在する発達性ディスレクシアが該当する症状を呈している。

Developmental psychology tells that infants acquire language through the vocal imitation but no infants try to imitate the voices of their parents. It is known that myna birds imitate the voices and sounds of their keepers. Why don't infants imitate the voices and sounds? Since the timbral characteristics of sounds are completely controlled by the shape of the sound generator, the voice imitation requires the same shape of the vocal tube that the parents have. Considering this reason, it is impossible for infants to imitate the voices of their parents. Then, why don't they try to imitate them and why do they perceive the identity between the two different sound streams, e.g, mother's "Good morning" and father's "Good morning"? Some readers may reply that infants decode the input streams into two sequences of phonemes and perceive the identity between the two phonemic sequences. Developmental psychology, however, denies this proposal because it claims that the segments and the phonemic awareness are learned later than the vocal imitation. In this work, taking the above question as one of the questions in mathematics and physics, it is answered by introducing a new concept of relative timbre. The proposed framework claims that the ability of identifying a given linguistic sound as phoneme is not required for spoken language competence. As far as the authors know, the cases are easily found in developmental dyslexics.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声

    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声 107(165), 37-42, 2007-07-19

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006380743
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8844550
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ