ネットワークでの学び合いを形成する文法ドリルソフトの開発 Development of Japanese Grammatical Drill that Can Learning from Each Other on Network

この論文をさがす

著者

抄録

近年、教育現場では情報教育や教科のIT化促進に伴い、e-ラーニングやパソコンを活用した学習が求められている。様々な学習環境でも適用できるように、多様化したOSやWeb環境に合わせた教材ソフトの開発を行っている。学習は様々な視点から思考して問題を解く過程が重要であり、文法ドリルを通して、自分で考える力や物事も見直す力・確認する力を身につけるといった試行錯誤型学習の要素を取り入れている。また、e-ラーニングによるネットワークでの学び合いを形成することにより、ネットワーク上での共有された空間で仲間が同じ距離で集まることができ、互いに観察して、考えて、検証して、学び合い、認め合うという流れが生まれてくる。この概念より、粘り強さ、慎重さなどの生きる力につながる真の学力が身につくことで、基礎学習の相乗効果が期待できると考える。

Recently, the information education and the subject are made IT on educational site. They are requested education that uses e-Learning and personal computer. We developed "Bunpo Drill" software that running on OS and the Web environment. "Bunpo Drill" software is applicable even by various learning environments. It is important to solve the problem thinking from various aspects. As a result, the learner acquires the ability that reviews things, the ability to think for myself, and the ability to confirm. The e-Learning forms the learning from each other on the network. The companion can gather in the same distance on network. And, the learner observes, thinking and learning and appreciating each other. The learner acquires the ability to live by uniting concepts. Moreover, it is possible to expect it of the scholastic achievement improvement.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学

    電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学 107(155), 7-12, 2007-07-14

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006381783
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013163
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8843391
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ