ロボット教育と造形遊びによる4つの素質の育成  [in Japanese] Robotics Education and Formative Play Raise Four Natures of Student  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

機械の知能化は機械をブラックボックス化している。知能機械のしくみを科学的に理解することは困難になり、システムとしての理解が求められる。そこで、しくみからではなくロボットと遊ぶことから始める技術教育について提案する。子どもはロボットとの遊びでロボット技術に興味を持つようになる。その興味は技術を学ぶための動機になると考える。その様子はペットと生活を共にし、生活することからペットを理解することに似ている。また、私たちは小学校の造形遊びを技術教育の導入と考える。子どもは自然な材料や人工的なロボットを使用して、工作を行ない、その中からロボット技術を勉強する。筆者らはこの活動において観察、仮説(デザイン)、検証(制作)および参画(鑑賞)の4つの素質に着目した。これらは技術教育においても重要であり、知能機械を自然素材と区別せずに、生活の中で使用することはエンジニアの素質を高める活動だと考える。

The computerization changes the machine to be the black box. Under that condition, it is difficult to understand the structure of an intelligence machine scientifically. According to the reason, we propose the learning strategy which plays with a robot. Children's play with a robot gets interested in robot technology. The interest to a robot becomes the motive to study about technology. For instance, you live with your pet, and you understand what she wants and feels. We promote the formative play to introduction of technology education in elementary school. Children study robot technology, performing work using a natural material and artificial robot. We think that four natures are important. They are observation, creation, manufacture, and appreciation. These are important in technology education. We think that the activity used in experience without distinguishing a natural material and an intelligence machine raises engineering nature.

Journal

  • IEICE technical report

    IEICE technical report 107(155), 39-43, 2007-07-14

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006381789
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013163
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    8843685
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top