根室海峡における春季および秋季の水質変化過程 Water Mass Variation Process in the Nemuro Strait during Spring and Autumn

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

根室海峡は,オホーツク海-太平洋間の海水交換の場の一つと考えられているが,海峡内における水質変化について全体像が把握された例は非常に少ない。本研究では,歴史的データおよび最近の観測データを用いて,春季・秋季の水温・塩分の水平平均場および鉛直分布などを示し,根室海峡西岸域における水質分布の季節変化の要因について議論した。野付半島を境界として,海峡北部はオホーツク海沿岸域を流れる宗谷暖流水の季節変動を反映した水質分布を示す一方で,河川水の混合やオホーツク海中層水の湧昇が表層の水質分布に変化をもたらすことが分かった。その一方で海峡南部は,春季は根室湾内の水と沖合との間で根室湾口に顕著な塩分フロントが形成され,秋季は北部より宗谷暖流水の影響が小さく低塩分となることが明らかになった。また,酸素の安定同位体存在比δ^<18>Oと塩分の関係式を用いて,春季の海面付近の水質変化に対する河川水の寄与についても調べた。その結果,海面付近の表層に海峡北部で0.50-0.95%,野付半島沖および海峡南部で1.47-3.25%混入していることが分かった。オホーツク海と太平洋を結ぶと考えられてきた根室海峡において,少なくとも海峡西岸域では,北部と南部,そして表層・亜表層とで水質が複雑に変化し,河川水によっても変質を受けていることが示唆された。Seasonal changes of the water mass variation process from the Okhotsk Sea to the North Pacific via the Nemuro Strait is discussed using historical data and the latest observation data. Temperature and salinity distribution in spring and autumn suggest regional differences between the northern and southern parts of the western Nemuro Strait. Across the Notsuke Peninsula, in the northern part, the character of the water mass basically follows the seasonal changes of the Soya Warm Current in the coastal region of the Okhotsk Sea. However, it is also altered by mixing with river water and by upwelling of the Okhotsk Intermediate Water. On the other hand, in the southern part, a salinity front appears along the open mouth of the Nemuro Bay in spring and then relatively fresh water is observed in autumn, while the Soya Warm Current water flows to the northern part. Stable oxygen isotope (δ^<18>O) distribution suggests that river water added to the Nemuro Strait becomes an important source of fresh water and its mixing ratio reaches 0.50-0.95% in the northern part and 1.47-3.25% in the southern part. It is suggested that the character of the water mass in the Nemuro Strait has less continuity between the northern and southern parts.

収録刊行物

  • 海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan)

    海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan) 16(5), 361-374, 2007-09-05

    日本海洋学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

  • Isotopic Tracers for Water Masses in the Coastal Region of Eastern Hokkaido

    Oguma Sachiko , Ono Tsuneo , Kusaka Akira , KASAI HIROMI , KAWASAKI YASUHIRO , AZUMAYA TOMONORI

    Journal of oceanography 64(4), 525-539, 2008-08-01

    参考文献33件 被引用文献1件

  • 根室海峡における表層流の季節変化

    森 文洋 , 磯田 豊 , 阿部 祥子 , 小林 直人 , 矢幅 寛 , 磯貝 安洋 , Fumihiro Mori , Yutaka Isoda , Syoko Abe , Naoto Kobayashi , Hiroshi Yahaba , Yasuhiro Isogai , 北海道大学大学院環境科学院 , 北海道大学大学院水産科学研究院 , 北海道大学大学院環境科学院 , 北海道大学水産学部 , 北海道大学大学院水産科学研究院 , 北海道大学大学院水産科学研究院 , Graduate School of Environmental Science Hokkaido University , Graduate School of Fisheries Sciences Hokkaido University , Graduate School of Environmental Science Hokkaido University , Faculty of Fisheries Sciences Hokkaido University , Graduate School of Fisheries Sciences Hokkaido University , Graduate School of Fisheries Sciences Hokkaido University

    海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan) 19(2), 89-110, 2010-03-15

    機関リポジトリ 参考文献15件 被引用文献1件

  • 春季および初夏の根室湾における海水の鉛直輸送

    小熊 幸子 , 東屋 知範 , 門谷 茂 , 永田 光博 , Sachiko Oguma , Tomonori Azumaya , Shigeru Montani , Mitsuhiro Nagata , 独立行政法人水産総合研究センター北海道区水産研究所 , 独立行政法人水産総合研究センター北海道区水産研究所 , 北海道大学大学院環境科学院 , 地方独立行政法人北海道総合研究機構水産研究本部さけます・内水面水産試験場 , Hokkaido National Fisheries Research Institute , Hokkaido National Fisheries Research Institute , Hokkaido University , Hokkaido Salmon and Freshwater Fisheries Research Institute

    海の研究 = Umi no Kenkyu (Oceanography in Japan) 20(3・4), 85-100, 2011-07-15

    機関リポジトリ 参考文献11件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006381909
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10382760
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    21863105
  • NDL 記事登録ID
    8935472
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-778
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ