建物緑化の違いが街区内の気温と湿度の分布に与える影響に関する数値解析(<特集>第38回大会) Numerical analysis on the influences of different building greening methods on temperature and humidity distributions in an urban block(<Special Issue>THE 38TH SCIENTIFIC RESEARCH MEETING)

この論文をさがす

著者

抄録

都市のヒートアイランド現象の対策として有力視されている屋上や壁面等建物緑化による温熱環境改善効果を定量的に把握することを目的として,実在の街区をモデルとしてCFD(計算流体力学)解析を行い,建物緑化の違いによる街区内での温度と湿度の変化について数値解析を行った。解析の結果,対象街区での緑化なしに比べて,地表面・屋上の緑化と壁面緑化を組み合わせた場合,気温では街区中心部で最大で約4℃の低減,湿度では最大16%の上昇が見られ,実在街区を対象とした建物緑化による温熱環境改善効果の定量的な評価の可能性が示唆された。

To quantitatively understand the effects of building greening, which involves greening of the walls and roof tops and is attracting attention as a means of mitigating the heat island phenomenon in cities and improving the thermal environment, a computational fluid dynamics (CFD) analysis was conducted using an actual district as a model to numerically analyze the changes in temperature and humidity in the district by building greening. The analysis showed that greening of the ground surface, rooftop and walls reduced the air temperature in the middle of the district by up to about 4℃ from the case without greening and increased the humidity by up to 16%. It was suggested that quantitative evaluation of the thermal environment improvement effect of building greening could be estimated using CFD for actual block.

収録刊行物

  • 日本緑化工学会誌

    日本緑化工学会誌 33(1), 158-163, 2007-08-31

    日本緑化工学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006382059
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10130633
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09167439
  • NDL 記事登録ID
    8939945
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産) // ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1223
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ