動物の地震予知能力に関する研究 The ability of animals to anticipate coming earthquakes : Allele frequency distribution of the canine CRH gene in 33 breeds

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 太田 光明 Ohta Mitsuaki
    • 麻布大学大学院獣医学研究科動物応用科学専攻 Azabu University Graduate School of Veterinary Science
    • 江口 祐輔 Eguchi Yusuke
    • 麻布大学大学院獣医学研究科動物応用科学専攻 Azabu University Graduate School of Veterinary Science
    • 大木 茂 Oki Shigeru
    • 麻布大学大学院獣医学研究科動物応用科学専攻 Azabu University Graduate School of Veterinary Science

抄録

地震が起こる数日前から地震発生地域を中心に動物の異常行動が見られることがある。この行動を前兆行動と呼び,1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震を始めとする大地震では,「地震の前夜,鳥が一晩中鳴いていた」,「ネズミがいなくなった」,「地震数日前よりいなくなっていた猫が地震後に帰ってきた」など多数報告されている。特に犬において,地震前に見られる行動を挙げてみると,「普段吠えることのない犬が吠え続ける(遠吠えする)」,「飼い主を突然咬む」,「餌を食べなくなる」,「体を震わせ怯える」,「しきりに外へ出たがる」など様々である。前兆行動が起こる原因としては,電磁波電場,帯電エアロゾル噴出,地震発光などの地震前兆現象によるためであり,どの現象が原因であってもそれぞれの現象に曝露されることが,動物にとってストレスとなり異常な行動で表わされると考えられる。つまり,前兆行動は動物が物理的な地震前兆現象を感じ取って起こす行動である。しかし,全ての動物が地震を感知し,前兆行動を示す訳ではない。兵庫県南部地震では犬の前兆行動が調査個体の約20%に見られたが,この犬たちは他の犬たちと比較したとき,ストレス感受あるいは行動発現に関する何かに違いが見られると考えられる。そこで本研究は,地震感知できる犬とできない犬との違いが,ストレス反応の最上位ホルモンであるCRHに見られる可能性があると考え,CRH遺伝子多型の存在を検証することを目的とした。しかし,33犬種37頭を解析した結果CRH遺伝子多型は検出されなかった。地震感知遺伝子を持つ犬を発見するためには,地震を感知できる犬が持つ特異性の発見が必要である。よって今後はCRH遺伝子以外にもグルココルチコイドを始めとするストレス因子での遺伝子学的解析を行なうことが有効である。

The unusual behavior of animals was often observed around the seismic hypocenter in several days before the earthquake occurred. There were lots of reports concerning the unusual behavior of animals at the Great Hanshin Earthquake on January 17, 1995 : Crows were singing all the night before the earthquake; cats disappeared before several days of the coming earthquake; dogs that seldom barked howled; dogs that were always gentle bit their owners suddenly; dogs showed no appetite; dogs were severely frightened; dogs were eager to go out their homes, etc. The causes to elicit the unusual behavior of animals are thought to be the electromagnetic wave, charged aerosol, and unknown physical and chemical substances as the results of stress response. However, all animals didn't show the unusual behavior, for example, only 20% of dogs behaved abnormally, which might mean the genetic difference of dogs in the response to stressors. In this study we hypothesized that the unusual behavior might be a kind of stress response, and thus examined the allele frequency distribution of canine corticotropin releasing hormone (CRH) gene, which makes the upper hormone to be released in the stress response, using 37 dogs in 33 breeds. The result showed no allele frequency distribution of canine CRH, suggesting the CRH gene might be not related with the unusual behavior of dogs before coming earthquakes.

収録刊行物

  • 麻布大学雑誌

    麻布大学雑誌 13/14, 183-192, 2006

    麻布大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006391515
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11561468
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13465880
  • NDL 記事登録ID
    8884546
  • NDL 雑誌分類
    ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z74-C608
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ