1930年代の「地方」都市における青年団活動の展開 : 北海道函館市を事例として Development of Youth Association Activity in Local city in 1930's : Hakodate City, Hokkaido as a case

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

これまでの社会教育史研究において戦前・戦中期の研究は長野県を中心とした農村が主な対象とされてきた。他方、近年の都市史研究では日本近代都市の支配構造について、地域組織やその担い手の視点からの解明が行われてきた。しかし、それらの研究は、1920年代までの大都市が中心であり、戦時体制に組み込まれていく1930年代の研究や、地方の小都市を対象とした研究はごくわずかである。本稿は、北海道函館市を対象として、1920年代において衛生組合を基盤に組織化された函館市の青年団が、1930年代に入りその時期に噴出する都市問題の中でも特に大きな問題であった「水電問題」と「大火災」にどのように対応したかについて、その活動の展開を追う中で、当時の青年団の都市における位置づけと役割を明らかにしようとしたものである。その際、当時地域秩序を維持する上で大きな役割を果たした地域組織である衛生組合との関連もふまえながらその活動展開を考察する中で、1930年代の「地方」都市においては、青年団が衛生組合の補完的な役割を担うことにより地域支配が保たれていたことを明らかにした。

収録刊行物

  • 長崎ウエスレヤン大学地域総合研究所研究紀要

    長崎ウエスレヤン大学地域総合研究所研究紀要 3(1), 103-110

    長崎ウエスレヤン大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006391944
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11841191
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13481150
  • NDL 記事登録ID
    7705946
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-K77
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ