ハイデガーと「シュテルンハイム作戦」  [in Japanese] Heidegger and "Operation Sternheim"  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

マルティン・ハイデガーが1933-34年の間,フライブルク大学の学長を務めたことはよく知られている。しかし,そのおよそ1年の間,彼は国民社会主義ドイツ労働者党,すなわちナチスの党員として,同大学のナチ化のために精力的に活動したことはあまり知られていなかったが,近年ヴィクトル・ファリアスとフーゴ・オットの研究によって,ハイデガーとナチスとの関係がこれまで考えられていた以上に密接で深刻であることが理解されるようになった。フライブルク大学学長ハイデガーは,その任期期間中にさまざまな諸事件にかかわっているが,そのなかで見逃すことができないのは,彼がいくつかの密告事件に関与したことである。そのうちのひとつが,世界的な化学者ヘルマン・シュタウディンガーにかんする密告事件である。この事件は,国家秘密警察,つまりゲシュタポによって「シュテルンハイム作戦」と名付けられた。この「シュテルンハイム作戦」は長い間歴史のなかに封印されてきたが,この封印を解いたのがオットの研究である。本論文では,このオットの研究と原典資料を踏まえながら,「シュテルンハイム作戦」,言い換えればシュタウディンガー事件の歴史的真実を明らかにするとともに,この密告事件を主導したハイデガーの思想と人格の暗部に迫ることにしたい。

It is well known that Martin Heidegger was the president of the University of Freiburg from 1933 to 1934. However, it is less known that as a member of the Nazi Party (National-Socialist German Workers Party) , he was active in Nazifying the university for nearly one year. In recent years, it has been revealed that Heidegger was more actively in-volved in the Nazi Party than had been thought. These revelations came from research by Victor Farias and Hugo Ott. A university president, Heidegger was involved in various Nazi-related incidents, some of them involving remarkable betrayals. One was the betrayal of the world-famous chemist Hermann Staudinger, a case called "Operation Sternheim" by the Gestapo secret police. That operation was lost to history for many years, until the Ott study. This paper clarifies the historical truth of Operation Sternheim (the Staudinger case) and uncovers the dark side of the thought and character of Heidigger, who played a pivotal role in that case.

Journal

  • Journal of the Society of Humanities

    Journal of the Society of Humanities (81), 83-118, 2007-03

    Sapporo Gakuin University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006392610
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1009127X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    09163166
  • NDL Article ID
    8739648
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-635
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top