インタラクティブな情報提示システムのための非装着・非拘束な視線推定 Non-contact and Non-constraint Gaze Estimation for Interactive Information Display

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,大型ディスプレイを用いた情報提示システムにおいて,ユーザの顔や視線の方向を推定し,ユーザの興味や反応を認識することで,コンテンツをインタラクティブに制御することを目指している.一般に,日常生活環境での視線推定を精度良く行うためには,立ち位置や顔向きの変化に対してロバストな推定が必要になるが,カメラの高解像度化だけでは十分には対応できない.そこで,1.カメラの首振り機構の導入による広範囲撮影,2.視点の異なる複数台カメラの導入による広範囲撮影と多様な顔向きへの対応を実現した.さらに,複数台カメラの推定結果を統合することで,情報提示システムに必要十分な精度での視線推定を実現した.We develop an interactive information display that estimates face and gaze directions of a user in real-time, and interactively controls contents by recognizing the user's interest and reaction. In a real environment, it is necessary to estimate the gaze direction robustly for a variety of standing positions and face directions. In this paper, we report on the system that takes user's face images using pan-tilt cameras, and estimates gaze direction by the image processing. To estimate robustly, it integrates the results of multiple cameras.

We develop an interactive information display that estimates face and gaze directions of a user in real-time, and interactively controls contents by recognizing the user's interest and reaction. In a real environment, it is necessary to estimate the gaze direction robustly for a variety of standing positions and face directions. In this paper, we report on the system that takes user's face images using pan-tilt cameras, and estimates gaze direction by the image processing. To estimate robustly, it integrates the results of multiple cameras.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

    情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2007(99(2007-HCI-125)), 9-16, 2007-09-28

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110006404955
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1221543X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    8938159
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ